幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g
幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g
幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g
幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ  “赤身和牛の最高峰” 200g

幻の和牛「土佐あかうし」ヒレ “赤身和牛の最高峰” 200g

通常価格
¥7,300
販売価格
¥7,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

1ヶ月以上お待ちいただくこともあるプレミアム商品ですが、限定6個のみ即出荷可能です。

「和牛といえば黒毛和牛」を覆す、“土佐あかうし”の旨さ!

  日本で美味しい牛肉を求めるとどうしても霜降りの黒毛和牛になってしまう。。。黒毛和牛は確かに美味しいのですが、日本で最高の牛肉を食べたいなら土佐あかうしです。

和牛4種のうち褐毛和種と呼ばれるその牛は、日本が世界に誇るべき素晴らしい牛肉。そもそも黒毛和牛とは品種が異なるため同じ牛肉でも全く味わいが異なります。その第一の特徴は、なんと言っても肉自体の旨味が圧倒的に濃いこと。これは科学的にも明確で、旨味成分であるアミノ酸が黒毛和牛と比べて2〜4倍もあります。
しかも土佐あかうしの飽和脂肪酸は黒毛和牛のそれよりも低い温度で溶け出すため脂が本当にもたれません。

 

国内の和牛の0.1%しか流通していない、本当に幻の和牛

土佐あかうしは四国の中央部に位置する高知県の嶺北(れいほく)地域の山間部を中心に飼育されています。年間出荷量はわずか470頭。
地元、高知県の人もステーキなどは食べたことがない人がほとんどという、本当に幻の和牛です。

KUUCAでは、高知県の畜産振興課と地元の食肉加工会社の協力を得て、皆様に希少部位であるヒレ肉をお届けいたします。
※ 通常は5日程度でお届け可能ですが、お届けまでに2週間程度お時間をいただくこともございます。

脂に頼らなくても、やわらかくてしっかり旨い

 KUUCAのイチ押しは、なんと言ってもヒレ!よく熱したフライパンでレア〜ミディアムレアに焼き上げて一切れ頬張ると、その風味と柔らかさは格別です。臭みはまったくないので、ご家庭の塩だけで最高の味わい。赤身とは思えない歯切れの良さと、赤身だからこそ旨味とのすっきりした喉ごし。いくらでも食べられます。

 また、サーロインは脂身好きはもちろん、赤身好きにこそ食べていただきたい部位です。土佐あか牛のお肉は、赤肉と霜降りの2つの美味しさが 最高のバランスで共存しているところに特徴があります。 特にサーロインでは、あか牛特有の上品な脂の風味が存分に楽しめます。ステーキにして、ぜひポン酢と大根おろしでどうぞ。


土佐あかうしサーロインはこちらから

そしてモモはモモ肉の中では柔らかい内モモのブロックでお届けしますので、是非ともタタキでお召し上がりいただきたい!細かなサシが入ったきめ細かな肉質は熟成肉の旨味と、フレッシュな肉のジューシーさが両立したような最高の食感です。

土佐あかうしモモブロックはこちらから

和牛は美味しいけど、脂がもたれる…そんな観念を覆す土佐のあか牛。その味わいは文字通り筆舌に尽くしがたいのですが、絶対に食べたら納得・感動いただけるはず。KUUCAが自信を持っておすすめする逸品をぜひお試しください。

 

原産地

高知県

原材料

土佐あかうし
(和牛:褐毛和種)

内容量

200g

販売方法

通常販売(限定数のみ即出荷可能です)
通常は出荷まで最大3週間程度のお時間をいただくことがございますが、現在即出荷可能です。

冷蔵でお届けいたします。
到着日を含め2日以内にお召し上がりください

対応熨斗・表書き

御中元
御祝
御礼
快気祝
御出産祝
祝御結婚
寿
御歳暮

※カートの備考欄に記載ください。

配送

クール冷蔵便

<指定なし>
在庫がある場合はご注文日から4日後以降の発送となります


<指定あり>
ご注文日から7日後以降のご指定が可能です
※時間指定(午前中・14-16 以降2時間単位でご指定可)

※ 希少部位につき入荷状況によっては指定日にお届けできない場合がございます。その際は、個別にご連絡させていただき、お届け日時を調整させていただきます。